ニュース銅線伸線機はどのように動作するのでしょうか?

銅線伸線機はどのように動作するのでしょうか?

リリース時間: 2024-04-08

共有:

銅線引き抜き機は製造工程に欠かせないツールであり、銅インゴットをさまざまな直径の線に精製しながら機械的特性を高めます。この記事では、これらの機械の複雑さを詳しく調べ、そのコンポーネント、引き抜きプロセス、および金属加工業界に提供するさまざまな利点について説明します。

個別モーター駆動の等径ホイール型銅 RDO 分解機+引抜キャプスタンは個別モーターで駆動され、この機械は Ф8mm 銅棒の引抜に使用され、連続焼鈍機、デュアルスプーラーまたはコイラーを完備しています。


個別モーター駆動の等径ホイール型銅 RDO 分解機+引抜キャプスタンは個別モーターで駆動され、この機械は Ф8mm 銅棒の引抜に使用され、連続焼鈍機、デュアルスプーラーまたはコイラーを完備しています。

銅線引抜機のコンポーネント:

銅線伸線機は、調和して連携するいくつかの重要なコンポーネントで構成されています。

1. ペイオフまたは供給ユニット: このユニットは銅のインゴットまたはコイルに一定の張力を与え、引き抜き工程への均一な供給を保証します。

2. 引き抜きダイ: 機械の中心となる引き抜きダイには、銅線が通される正確な開口部があり、最終的な線の直径を決定します。

3. 引き抜きブロック: 引き抜きダイを収容するこのコンポーネントは、潤滑剤の助けを借りて必要な圧力を加え、スムーズなワイヤ引き抜きを実現します。

4. 潤滑システム: 摩擦と熱を最小限に抑えるために不可欠な潤滑システムは、ダイを通るワイヤーのシームレスな移動を保証し、操作効率を高めます。

5. 巻き取りユニットまたはコイリングユニット: ダイを通過した後、このユニットは引き抜かれたワイヤをスプールまたはコイルに巻き取り、適切な巻き取りのために張力を維持します。

6. 張力制御システム: ワイヤーの破損や変形を防ぐために不可欠なこのシステムは、引張プロセス全体にわたって張力を制御します。

個別モーター駆動の等径ホイール型銅 RDO 分解機+引抜キャプスタンは個別モーターで駆動され、この機械は Ф8mm 銅棒の引抜に使用され、連続焼鈍機、デュアルスプーラーまたはコイラーを完備しています。

個別モーター駆動の等径ホイール型銅 RDO 分解機+引抜キャプスタンは個別モーターで駆動され、この機械は Ф8mm 銅棒の引抜に使用され、連続焼鈍機、デュアルスプーラーまたはコイラーを完備しています。

描画プロセス:

描画プロセスは明確な段階に分かれて進行します。

1. 準備: 銅インゴットは、表面欠陥の除去や事前潤滑などの洗浄と準備が行われ、スムーズな引抜きが可能になります。

2. 供給: ペイオフ ユニットは、インゴットのサイズ、必要なワイヤの直径、および材料の特性によって決まる制御された速度で銅を線引き機に供給します。

3. 引き抜き加工: 銅線がダイを通過すると、その直径が小さくなり、同時に強度が増し、機械的特性が変化します。

4. 中間焼鈍: 多段階の引抜工程では、中間焼鈍によって内部応力が緩和され、延性が維持され、破損が防止されます。

5. 巻き取り: 巻き取りユニットは、張力を細かく制御しながらワイヤーをスプールまたはコイルに巻き取り、欠陥のない巻き取りを保証します。

6. 品質管理: 図面作成後、厳格な検査とテストにより、寸法精度、機械的特性、仕様への準拠を確認します。

銅線引き抜き機の利点:

銅線引き抜き機を利用すると、さまざまな利点が得られます。

- 強化された機械的特性: 引き抜き加工により銅が強化され、さまざまな用途でより強く、より弾力性のあるものになります。

- 正確な寸法制御: 引き抜き機は厳密な許容誤差でワイヤーを生産し、一貫性と品質を保証します。

- 効率性と生産性: 自動化により生産率が向上し、人件費が削減され、製造効率が最適化されます。

銅線引き抜き機は、精度と効率の象徴であり、原材料をあらゆる業界で欠かせない高品質の線に加工します。これらの機械のニュアンスを理解することで、メーカーはプロセスを最適化し、現代の用途の厳格な基準を満たす銅線を提供できます。銅線引き抜き機のコンポーネントとプロセスのシームレスな相乗効果は、金属加工分野での不可欠な役割を強調し、世界中で優れた品質の銅線をシームレスに提供することを保証します。

お気軽にお問い合わせください