製品陸線設備機械伸線機LFDT Ф450 銅棒ブレークダウンマシン (個別モーター付き)
  • 銅棒の分解マヒネ
  • rod breakdown machine for copper wire
  • copper rod breakdown with annealing
  • seamless wire drawing processes
  • top-of-the-line copper rod breakdown machines
  • rod breakdown machine for sale
  • copper wire drawing machine manufacturers
  • copper rod breakdown with annealing
  • copper rod wire drawing equipment
  • 銅棒の分解マヒネ
  • rod breakdown machine for copper wire
  • copper rod breakdown with annealing
  • seamless wire drawing processes
  • top-of-the-line copper rod breakdown machines
  • rod breakdown machine for sale
  • copper wire drawing machine manufacturers
  • copper rod breakdown with annealing
  • copper rod wire drawing equipment

LFDT Ф450 銅棒ブレークダウンマシン (個別モーター付き)

1. 説明:

  電気目的で単一または二重の銅棒を引き出すために使用されます。φ8mmの銅棒からφ1.2~4.5mmの銅線を製造します。機械速度はモーター速度と同期します。金型は素早く交換でき、機械を停止することなくボビンを自動的にアンロードできます。

2.マシンコンポーネント:

     個々のモーター: 各撚りヘッドには個別のモーターが装備されており、撚りプロセスを正確に制御できます。

    座礁ヘッド: 撚り合わせヘッドは、引き出された銅線を撚り合わせて導体の撚り線を形成します。

    巻取りユニット: 巻き取りユニットは、完成した導体ストランドを収集して、さらなる処理またはパッケージングを行います。

3.アプリケーション:

     この機械は主に、さまざまな種類の電気ケーブル、通信ケーブル、配線用途の銅導体の製造に使用されます。

  • 導入

  • パラメーター

  • サービスとサポート

  • よくある質問

銅棒分解機

線引きキャプスタンは個別のモーターによって駆動され、機械はФ8mm銅棒の線引きに使用され、連続アニーラー、デュアルスプーラーまたはコイラーを備えています。

 プーリー直径

Φ450mm

Φ450mm

Φ450mm

 ドラフトの数

9

11

13

 入口直径

Φ8.0mm

Φ8.0mm

Φ8.0mm

 出口直径

Φ1.85mm~Φ4.0mm

Φ1.5mm~Φ4.0mm

Φ1.2mm~Φ4.0mm

 最高ライン速度

25m/秒

30m/秒

30m/秒

 機械サイズ(長さ×幅)

35m×6m

37m×6m

38m×6m

7 日間 X 24 時間のアフターサービスとテクニカル サポート。
 
  • すべてのマシンにはリモート トラブルシューティング通信モジュールが装備されており、SMT のエンジニアは 24 時間以内にリモート テクニカル サポートを提供できます。
  • Wechat、Zoom、Microsoft Teams、その他のオンライン会議アプリを使用して、現場のトラブルシューティングをサポートする技術ガイドを提供できます。
  • 必要に応じて、SMT は専門のエンジニアを派遣して、お客様の現場にサービスとサポートを提供します。
  • Q

    あなたの工場を訪問できますか?

    国内外からのすべてのお客様が当社と工場を訪問することを温かく歓迎します。
  • Q

    設置と試運転は行ってくれますか?

    はい、次のように行います。
    -お客様から機械が正しい場所に設置されたと連絡があり次第、機械と電気の両方のエンジニアを派遣して機械を始動させます。
    -無負荷テスト:機械が完全に設置された後、最初に無負荷テストを行います。
    -負荷試験: 通常、負荷試験を行うために3つの異なるワイヤを製造できます。
    -受領報告書: 機械が契約上のすべての仕様に達することができることを購入者が確認した後、機械が保証期間内であることを記録するために受領報告書に署名されます。
  • Q

    納車前の検査はどのように行っていますか?

    生産時に動的バランス検査、平坦性検査、騒音検査等を行います。
    通常、生産終了後は各機械を無負荷運転してから納品させていただきます。お客様もぜひ検査にご参加ください。

お問い合わせ情報の送信を歓迎します

弊社のエンジニアができるだけ早くご連絡させていただきます。

コンサルティング製品

お気軽にお問い合わせください